千葉土建 船橋・習志野支部

千葉土建船橋・習志野支部へのお問い合わせ電話番号の画像

お知らせ

アスベスト訴訟

更新日:2017/10/26

10月24日(火)横浜地裁にて、元建設労働者や遺族が国と建材メーカーを相手にアスベスト被害の責任を求める裁判が行われました。
国と建材メーカーの責任を認める判決となりました。各地裁で行われている裁判では国には6度、メーカーには2度の勝訴となっています。
27日には日本で初の高裁判決があり、この結果次第でアスベスト基金創設が大きく左右されます。明日の判決を注視していきましょう。
また、船橋習志野支部では毎月アスベスト駅宣を行っています。25日は雨の中、13人のなかまが参加し、チラシやティッシュ配布・署名活動を行いました。署名は30筆集まり、興味・関心の高さが伺えました。アスベストの被害は建設労働者だけでなく、一般の方々にも被害が及ぶものです。引き続き、地域住民への周知活動を行っていきます!!